【ミスが減る】薬剤師に向いていないと思う原因はコミュ障だから?5つの特徴と改善策

薬剤師 向いてないかも 薬剤師の悩み

こんにちは!てぃもです!

ミス多いし、コミュ障やから精神的にきつい。薬剤師に向いてないのかも…

と思っていませんか?

実は私も「ミスが多い」「コミュ障と思っている」薬剤師なのでその気持ちすごくわかります。

しかしそんな「ミスが多い」「コミュ障と思っている」私でもミスが減り、緊張せずに患者さんとコミュニケーションが取れるくらいまでになりました

まだ自己治療中ではありますが、だいぶマシになりました。

この記事では薬剤師に向いていないと感じてしまう人特徴や私がミスを減らせるようになった方法、緊張せずに患者さんとコミュニケーションを取れるようになった方法を紹介します。

執筆者

薬剤師に向いていないと感じる人の5つ特徴と改善策

薬剤師に向いていないと感じてしまいがちな人の特徴を以下に列挙します。

  1. 自信が無い
  2. 電話が苦手
  3. コミュ障と思っている
  4. 自分で考えるのが苦手
  5. ミスが多い

一つずつ改善策を考えていきます。

①自信が無い

改善策

自信が持てない理由を明確にする

●自分に問題がある場合

  • 人と比べることをやめる練習をする
  • 運動する(体を鍛える)
  • 出来ないことではなく出来ることに注意を向ける

●他人に問題がある場合

  • 転職する

 

自分に自信が持てない人、いますよね。私もです。

何をするにしても「これでいいかな?」「大丈夫かな?間違ってないかな?」と不安になるタイプ。

誠実性が高いのはいいことですが、高すぎると一つ一つの作業に時間がかかり多くのことができなくなってしまいます。

具体的な改善策を考えていきましょう。


自分に問題がある場合

まず他人と比べることをやめてください。

同期の〇〇は上司にも気に入られてコミュ力もあってミスも少ないし羨ましい

など、できない自分とできる人を比べ勝ちですが無意味です。

あなたにはあなたの良さがあり、他人には他人の良さがあります。それだけです。

他人と比べるなといわれても難しいよー

という方に提案したいのが、運動する(体を鍛える)習慣を身につけることです。

ご存じの方も多いと思いますが、運動すると見た目が良くなるだけではなく、メンタル面も安定することが科学的に証明されています。

私は運動の習慣を身につけてから、以前とは比べ物にならないくらいメンタルが安定しました。

1日たった4分だけの運動でOK!参考動画↓

ヨガも良いですね。動画は毎朝お世話になっているB-lifeのまりこさんです。


参考にした本:脳を鍛えるには運動しかない!最新科学でわかった脳細胞の増やし方


他人に問題がある場合

あなたの周りにこんな人いませんか?

  • 自分の動きや行動を常に監視し指摘してくる
  • 間違っていないのにいちゃもんつけてくる

上記のような人が一人でもいると仕事がやりにくいだけでなく精神的にも参ります。

相手がおかしいことを言っているとわかっていても自信喪失してしまいかねません。

以前の職場にやっかいな上司に目をつけられ体を壊し、精神科に通いながら仕事に来ていた真面目な方がいました。詳しくは薬剤師辞めたい…つらいと思う原因12選と対処法|辞めるべきかの判断方法に書いています。

皆さんは我慢しないで辞める、転職する、何でもいいので逃げてください。

もし仕事を辞める勇気がない方は嫌われる勇気を読むと勇気が出るかもしれません。

転職するなら以下の薬剤師転職エージェントがおすすめです。

おすすめ薬剤師転職エージェント特徴掲載求人数登録
薬キャリレスポンスが早い30,349件公式HP
ファルマスタッフ初回電話で直接面談したいと言われる*41,264件公式HP
マイナビ薬剤師求人数が多い56,238件公式HP
2022年月4時点

*断っても大丈夫です(実証済)


②電話が苦手

改善策
  • 他人は自分が思っているほど相手のことなど気にしていないという事実を頭に刻み込む
  • 知らない人と電話できるアプリを利用し電話に対する免疫をつける

入職したばかりの頃、電話の使用頻度があまりにも高いことに絶望した記憶があります。

「この言葉づかいで良いのか?」
「変な日本語を話していないか?」

と完璧を目指そうとしてしまうんですよね。

緊張して変な日本語になってしまうとまた後で思い返してうわ〜恥ずかしいとなり悪循環。

しかし他人はあなたが思っているほどあなたのことなんか気にしていません

私は職場で電話を使わざるを得ない環境だったので荒治療ですがいつの間にか慣れていました(笑)


③自分で考えるのが苦手

改善策
  • 料理をする
  • 一人暮らしをする

もしかして指示待ち人間になっていませんか?

指示待ち人間になってしまう原因は、自分の頭で考えるクセがついていないからです。

じゃあどうすれば指示待ち人間から抜け出せるのさー

と思っている方は 料理 を始めてみてください。

料理は『どの順番に何をすれば効率よく進められるか』を考えながら行います。

そのため、仕事でも『この仕事を終わらせるためには何をすればよいか』を自然と考え、自分でやるべきことを見出せるようになります。

私の周りの仕事ができる人は料理もできる人が多いです。

実家に暮らしていて料理をする機会が無いという方は、思い切って一人暮らしをしてみることをおすすめします!

私も実家に住んでいたころは自分で考えることが苦手でしたが、一人暮らしをするようになってから以前よりも自分で考えて行動することができるようになりました

一人暮らしを始めてから変わったことを以下にまとめてみました。

  • 実家にいたときは考えなくてもいいことを考えるようになった(家賃や光熱費の支払いなど)
  • 料理をするようになった
  • 恋愛がしやすくなった

でました!料理!

あとは恋愛ですね。干渉系の親御さんなら行動しにくいでしょう。

一人暮らしをすることで成長した感が出て自信もつきますしメリットだらけです。(ただしお金は全然貯まりません。)


一歩踏み出したいときに読む本:チーズはどこへ消えた? (扶桑社BOOKS)


④コミュ障と思っている

改善策
  • 自信をつける=運動する

コミュ障には2種類あります。

  1. 慣れていない人と話すのが苦手
  2. 人の話しを聞くのが苦手

ここでは①慣れていない人と話すのが苦手なタイプのコミュ障を指しています。

自分はコミュ障と思っている人って特定の人にだけ発揮しちゃってませんか?

私もそのタイプで、雰囲気が怖い人、話しかけにくい人とは無意識に距離を置きがちになります。

仕事なので必要最低限の会話は頑張りますが、たまに判断を誤ってしまうときがあります。

例えば自分の担当外のことを自分の判断で行ったとき、担当者に伝えなければならないのに伝え損ねるなど、伝達忘れや伝達怠りがコミュ障の人の特徴かなーと思います。

しかし安心してください、改善します。

どうすれば良いのか?そう、運動 です。

特定の人に対するコミュ障も運動をすればある程度改善すると考えています。

なぜなら、コミュ障というのは自信の無さから発生するからです。

運動をすれば自信がつきます。

つまり運動習慣を身に付ければ自信もくということです!

運動に関しては「①自信が無い」を見てください。


⑤ミスが多い

改善策
  • 良質な睡眠をとる
  • こまめに休憩をとる
  • なるべくマルチタスクを避ける
  • 毎朝5分以上瞑想する

良質な睡眠をとる

毎日しっかり寝ていますか?

睡眠不足が一番ミスを引き起こします。

私の場合、しょっちゅうミスしていた時は睡眠時間が5~6時間くらいでしたが睡眠時間を7時間以上確保するようになってからミスがぐんと少なくなりました

7~8時間は確保しましょう。

私ちゃんと寝てるけどミスする…

という方は睡眠の質も意識してみてください。

睡眠の質を上げる行動
  • 朝一番に太陽の光を浴びる
  • 寝る1時間半前くらいに入浴する(40℃くらいのお湯に10~15分程度)
  • 寝る前は蛍光灯の光を浴びない
  • 寝る2時間前からスマホやテレビなどを見ない
  • ベッドの上でスマホを触らない

参考にした本
SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術
脳を最適化すれば能力は2倍になる 仕事の精度と速度を脳科学的にあげる方法


疲れる前に休憩をとる

忙しさから長時間、調剤や監査をしていると脳が疲れミスが起こりやすくなります。

疲れてから休憩をとってもすぐに回復しませんが、疲れる前ならすぐに回復します。

とはいえ、なかなか疲れる前に休憩するのは難しいとは思います。

そこで私もよくやっていたおすすめの休憩方法はこまめにトイレへ行くことです。

別に用を足さなくてもトイレに行けばあまりさぼっていると思われませんよね。こまめに行き過ぎると心配されるか怪しまれる可能性があるのでほどほどに(笑)

疲れる前に休憩するのは分かったけど仕事してたら忘れちゃう

という方は、腕時計をしてみてください。これで少しは時間に意識が向きやすくなると思います。

アップルウォッチならタイマーやアラームを設定すると振動のみで知らせてくれるらしいので、休憩のタイミングを掴みやすいですね。(私もほしい…)


なるべくマルチタスクを避ける

薬剤師にとってこれが一番難しいですよね。

調剤しながら電話を取る、監査中に担当の入院患者さんの初回面談に行く、などどうしても避けられない職場環境に置かれています。

しかしそんな中でも、何かをしているときはできるだけ電話を取らないなど自分の身を守るための行動を意識したいですね。


毎朝5分以上瞑想する

ここでミスの多いあなたにおすすめしたい習慣があります。

それは 瞑想 です。

瞑想は集中力を高めるだけでなく、記憶力もアップする効果があります。

ミスというのは集中力の欠如によって起こります。疲れる前に瞑想を行うことで集中力、記憶力が上がりミスが減ります。

毎朝5分の瞑想を継続するだけで、瞑想をしていない時でも集中力、記憶力の向上に効果があるそうです!

私も瞑想を始めてから人生が変わったといっても過言ではないくらい充実した毎日を送っています。

仕事でのミスも大幅に減り、患者さんとお話しするときも緊張しなくなったのは瞑想のおかげだと思っています。

ミスが減ると自己肯定感も高まり自信がつきます。

自信がつけば良い意味で調子が乗り、コミュニケーションもスムーズに行えるようになります。

瞑想を初めてする人が読む本:世界のエリートがやっている 最高の休息法


まとめ

今回紹介した 瞑想運動 は簡単にでき、効果もあるのですが、すぐに効果が見えにくいため継続が難しいです。

実は私も過去に何度も挫折しています。

そこで習慣化の手助けをしてくれるアプリ、みんチャレをおすすめします。

みんチャレは1つの目標達成を目指し、1チーム5人で形成される習慣化アプリです。

勝間和代さんもおすすめされています。私も今までに瞑想や運動の習慣化をみんチャレで成功しました。

あなたの悩みが少しでも解決の方向へ進めば幸いです。